死ぬ時は1番に迎えにいくから

だから

「生きることに手を抜きたくない」
とあたしは思った

目次