誰かの純情を、誰かが嗤<わら>う

もともと三部構成だったものを一本化して再アップしました。

あらすじ

80年代中期から後半の物語。

水野さよりは整った容姿のせいで、好みでない異性からも興味を持たれやすい上、優柔不断さが災いして、トラブルに巻き込まれがち。好きな人と交際をスタートしても、「心身の悩み」のせいでなかなかうまくいかない。そんな彼女の前に現れた「理想の人」とは?

この作品のキーワード
高校生  中学生  片思い  勘違い  優柔不断  1980年代  理想の彼氏