その夜、俺は二年も続いた片想いを実らせることにようやく成功した。

 どんなにアプローチをかけても、まったく相手にしてもらえなかった愛しの女性の心と体を同時に手に入れることができたのだ。


『愛してる、優月(ゆづき)

隠岐(おき)先生……』

『‟隠岐先生„? そうじゃないだろ。きみはもう俺の恋人だ。これからは名前で呼んでくれないか。悠正(ゆうせい)って』

『……悠正さん』


 彼女に初めて名前を呼ばれた瞬間、俺は喜びに震えた。

 ぎりぎりのところで耐えていた理性が脆くも崩れ去る。

 おそらく男とこういった行為をするのが初めてだろう彼女に合わせて優しくしようとしていたはずが無理だった。

 一心不乱に彼女を抱き、俺は歓喜の絶頂の中で幸福な眠りに落ちた。

 この瞬間から彼女は俺の恋人で、心も体もすべて俺だけのもの。

 明日からも当たり前のように触れてキスをすることができるし、それ以上のことだってしてもいい。

 そう思っていたけれど……。



『……すみません。覚えてないです』



 どうやら現実はそう甘くはないらしい――。