「京都、嵐山旅館の若旦那は記憶喪失彼女を溺愛したい。」

松尾旅館の若旦那、純一は旅館横の路地で黒いワンピースを着た女性を拾った


女性は記憶喪失で自分の名前も覚えていなかったが


頑なに病院や警察に行くことを拒んだ


困り果てた純一は松尾旅館の空き部屋にその女性を住まわせ、代わりに旅館仕事を手伝ってもらうことになったのだが……

この作品のキーワード
恋愛  旅館  京都  嵐山  記憶喪失  敬語男子  過去  オフィスラブ  拾う  ドキドキ