人はほんの少しのすれ違いから、ほんの少しの欲望から、多くの人を巻き込んで争う。

お金、領土、そして宗教さえも、争いの火種となってしまうのだ。

そんな争いの運命に誰も声をあげられなかった。しかし、たった一人と女性が声を上げて戦い、未来に平和が訪れることとなる。







目次

この作品のキーワード
戦争  双子  宗教  運命  優しさ  平和