真っ先に目に入ったのは、おどろおどろしい紫色の空に浮かぶ、毒りんごのような深紅の月。

 仄暗い室内を、稲光が照らす。

 特に天気が悪いわけでもないのに雷鳴が聞こえてくるのは、いつものことだ。

 ひと月ぶりに入った、魔王城のダイニングルーム。

 大きな窓から見える風景は、変わらず陰気なものだった。

 つまらないと思う。

 だけど、そんなことはどうだっていい。

 それよりももっと大事なことが、これから始まるのだから。

 とめどなくあふれ出る期待を制するように、唇を舐める。

 ベルは案内されるがまま、六番目の席へ腰掛けた。