「ベル?」

「ねぇ、ケイト。私に合わせてばかりで嫌じゃないの? あなた自身の希望があるなら、言っていいのよ?」

「急に、どうした?」

 握っていたケイトの手が、ギュッと握り返してくる。

 離さない。

 そう言われているように思えて、ベルは戸惑った。

(もしかして、離れる気がないのではなく、私を逃さないようにしている?)

 いや。でも、まさか。

 そんなわけが、どこにあるというのだろう。

(……私を差し出して、魔王と取引するつもりとか⁉︎)