その日、ようやく()()()()()()()と言えるようになってきたゴミ溜めの森(ホーディング・フォレスト)散策に勤しんでいたベルのもとへ、ある魔族が訪ねてきた。

 彼女とよく似た紫光りする黒髪を撫でつけ、冷徹そうな切れ長の目を持つ魔族は──、

「お兄様⁉︎」

 傲慢(ごうまん)の兄、ルシフェルである。

 黒く大きな翼をしまいながら、彼はフワリとベルの前へ降り立った。

「久しぶりだな、ベル。元気に追放生活を満喫しているか?」

 鋭い目が緩むと、穏やかな雰囲気が漂う。

 お気に入りの妹だけに見せる特別な表情に、ベルはニッコリと微笑み返しながら、

「もちろん!」

 と、答えた。