ゴミ溜めの森(ホーディング・フォレスト)へ来てから、そろそろ五カ月が経とうとしている。

 ルシフェルは、ベルが元気にしているか、わざわざ確認をしに来るような男ではない。

 万が一そうだったとしても、それならもっと早くに来ているはずだし、そもそも彼女が生きているか確認すること自体が無駄なことだと、他の誰でもないルシフェル自身がよくわかっているはずだ。

(となると、追放の撤回に成功したのでしょうか。私はてっきり、一年はかかるものと思っていたのですが……お兄様の優秀さには困ったものですね)

 さすが、次期魔王と言われるだけはある。

 とはいえ、次点であのマモンが名を連ねているのだから、微妙ではあるのだが。

「……まさか、ケイトのことがバレたとか?」

「何か言ったか? ベル」

「い、いいえ。ところでお兄様、どうしてこちらへいらしたのですか? 何か、ご用でも?」