ルシフェルはたっぷり間を取った後、深々とため息を吐いた。

 チラリと見てきた目には、呆れの色しかない。

「ごめんなさい、おにいさま」

 テヘッと気の抜ける顔で笑いながら、ペロッと舌を出す。

 ルシフェルの眉間に皺が寄った。

「悪いなんて思っていないだろう」

「そんなことない。ちょっとくらいは、わるいとおもっているのよ」

「……そうか。ならば俺は、かわいい妹がいつでも戻ってこられるように、準備をしておくとしよう」

「ありがとう、おにいさま」

「気をつけていけ」

「はい! いってきます、おにいさま」

 伸ばされた手に、ぎゅっと抱きつく。
 鉄格子越しの抱擁は、いつもと違ってちょっとだけ苦しかった。