「塩辛、という料理……というか、食品がある」

「シオカラ……聞いたこともないな」

「ほら見ろ。不勉強はそちらじゃないか」

「察するに、人の国の食品だろう。ベルじゃあるまいし、俺が知るわけがない」

 ドーンと。ルシフェルは開き直った。

(開き直ったよ、この魔族(ひと)!)

 エッヘンと偉そうに両腕を組んで立つルシフェルに、ケイトは脱力した。

 堂々とし過ぎていて、ツッコむ気にもならない。

 なんだか、近所のガキ大将を相手にしている気分だ。

 細かいことを突っ込んでも無駄だな、とケイトは早々に諦めることにする。