「ケイト、ケイトってば! ケイオン様とボルグ様は、あなたの仲間なのでしょう⁈ 危険を冒してまであなたを迎えに来たのに、どうしてあんな態度を取るの」

 無理やり転移されたと思ったら、今度は沈黙。

 だんまりを決め込むケイトに、ベルはイライラと言葉を投げかけた。

 わけがわからない。

 だって、ケイトは人の国へ帰るつもりだったはずだ。

 本人に直接聞いたわけではないけれど、ベルがそろえた証拠はそうだと告げている。

(それなのに、迎えに来てくれた仲間を冷たく拒絶したのは、なぜ?)

 ケイトなら、やんわりと断る術を持っていたはずだ。

 だけどベルの目には、彼が必要以上に、わざと傷つけるような言い方を選んでいるように見えた。