「ベルのことが好きです」

 誰が予想できただろう。こんな、言葉。

 びっくりしすぎて、息をすることも、まばたきをすることすら忘れる。

 なんの反応もしないベルに、しかしケイトは、はにかむように笑った。

 なぜ、そんな顔をするのか。

 ベルにはちっとも、わからない。というか、考える余裕すらなかった。

 きらい、きらい、きらい、と。

 何を言われても大丈夫なように予防線を張っておいたのに、まさかド直球に好意を贈られるなんて、予想外にもほどがある。

(想定していたシチュエーションが一つも一致しないとか、どうなっているの⁉︎)