数日が経った。

 今日は人の国からやって来た使者──もとい勇者救出隊が人の国へ転送される日だ。

 正体を明かすにしても秘することにしても、危険を冒してまで迎えに来てくれた仲間なのだから、せめて見送りくらいはして来なさい。

 ベルはそう言って、朝早くにケイトを送り出した。

 帰りは、ルシフェルにでも頼めばいい。

 きっと彼なら、すぐにでもケイトをベルのもとへ送ってくれるだろう。

(ケイオン様とボルグ様と会っていた時に現れたのも、お兄様の仕業だったと言うのだから、これくらいはしてくれてもいいと思うわ)

 聞けばあの日、ケイトはルシフェルに脅されたらしい。