「すぐに動かなければならない差し迫った場合に動くのは、」

「それは、例外」

 ベルが答えると同時に、ケイトが動く。

 大きな危険を感じなかったので、ベルは彼に任せることにした。

 飛び出していった彼は、低木の中へむんずと手を突っ込み、そして引き摺り出した。

 フワフワの毛玉が、ケイトの腕の中へおさまる。

 こんがり焼いた、きつね色の毛。十キロ程度の丸い体に、長い耳。

 地の国には存在しない、いかにも無害そうで食べがいがありそうな生き物のその名は──、

「フレミッシュジャイアント。大型のウサギだ」

「ウサギ。これが……!」

 ケイトの腕に抱かれ、忙しなく鼻をヒクヒクさせているのは、(つの)がない生き物だった。

 生まれて初めて見たウサギに、ベルは目を輝かせた。