――黎華街――

昼間でも危険だと言われているその暗く華やかな街。
美桜は月に一度その街に住む叔母に届け物をしていた。

叔母の言うとおりにすることで安全が保障された道中。

ある日、友人の願いを叶えたことで――




その安全が崩れた。



******❁******

助けてくれたのは花のような人

赤いピアスが似合う

寒々しい青い瞳を持った

金色の男


でも彼は


「言いつけを破った赤ずきんは、狼に食われるに決まってるだろ?」


花であるとともに



狼だった――



そして明かされていく彼の秘密。

あたしは、あなたと共にいたい。




start→’21/08/26
end→’21/10/13
加筆修正完了→'22/04/14




☆九日間、総合一位!ありがとうございます!☆


多少暴力的表現が含まれます。
苦手な方はご注意ください。
この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

この作品を読むには緋村燐さんのファン作家登録が必要です。

とりあえず本棚に入れる

この作品のキーワード
暴走族  不良  溺愛    赤ずきん  独占欲  胸キュン  甘々