「あのね。ユリウス陛下を、みんなに愛されるモフモフ属性ヒーローにしたいんだけど」

「ルグラン語でお願いできますか、お嬢様」



 ――こうして、ロワーレ城の夜は更けていった。