ふくぁ、と。ユリウス王は欠伸を噛み殺す。

 時刻は穏やかな日差しが照りつける昼過ぎ。たしかに眠気を誘いやすい時間帯ではあるが、彼が欠伸をするのは珍しい。

「いかがなさいましたか」

 ちょうど書類を届けにきたジョルダン宰相が、王の様子に目敏く気づいて声を掛けた。

「お疲れでしたら、ご署名は後で問題ありませんが」

「いや。いま済ましてしまおう」

 こめかみを揉んでから、王は書類に羽ペンを滑らせる。見事な達筆でサインを入れながら、ユリウスは深く考えずに続けた。

「体調が悪いわけじゃない。少し寝不足なのと、筋肉痛なだけで」

「筋肉痛とは珍しい。陛下は日頃から鍛えておいでなのに」

「私もそう思っていたんだが、鍛え方が甘かったらしい」