目を白黒させるフローラの耳に顔を寄せる。びくりと驚く彼女に、マージェリーはそっと囁いた。

「お気をつけください。フローラ様は、少々目立ってしまったようですわ」

 悪口を言っていた一団にちらりと視線をやれば、フローラが不安そうに顔を曇らせる。そんな彼女を安心させるように、マージェリーはひらりと手に胸を当てた。

「大丈夫。私がそばにいれば、誰も易々と手を出せませんわ。ですからフローラ様。私とお友達になってくださいな。快適な学院生活を保証いたしますわよ?」

 悪徳商法のような誘い文句だが、本人は至って真面目だ。なにせ将来の明暗が賭かっている。

 主人公の親友ポジションの確保。これが、マージェリーが瞬時に打ち立てた作戦だ。

 フローラを虐めない。それは大前提。

 けれども不干渉を貫き接触しない。これでは不十分だ。

 『ノエル家令嬢』『宰相の娘』といったステータスから、入学前からマージェリーとセルジュの婚約は噂されてきた。

 フローラが誰かに虐められれば、まっさきにマージェリーが疑われてしまう。ならば逆張りに、犯人と疑われないほど仲良くなるしかない。