そして彼女は、とんでもない爆弾を投下した。

「やっぱりマージェリー様、陛下のことが大好きですよね?」