「行くぞ、セルジュ。淑女を待たせるのは男の恥だ」

「は、はい!」

 名前を呼ばれたからだろう。セルジュが驚愕に目を丸くする。

 一瞬ぽかんと呆けたセルジュだったが、みるみるうちに顔を輝かせると、さっさと歩き始めた兄の背中を追いかけた。

「はい、兄上! 私も、お腹がぺこぺこです!」

「それはよかったな。さっさと座れ」

 嬉しそうに隣に並ぶセルジュと、それをそっけなくあしらうユリウス。けれども、彼の態度が単なる照れ隠しであるのは、微かに赤くなった耳を見れば明白である。

 それはまるで、もとから仲の良い兄弟のようで。

「ね? 大丈夫そうですよね?」

 こそっと、フローラがマージェリーに囁く。

 楽しいピクニックは、まだ始まったばかりである。