「お弁当、オープン!」

 楽しげなフローラの声に合わせて、バスケットに被せられていた布がふわりと取り払われる。

 現れたのは山盛りのサンドイッチに、フルーツたち。もうひとつのバスケットには、こんがり焼き色のついたミートグラタンがほかほかと美味しそうな湯気を立てている。

 覗き込んだユリウスとセルジュのふたりは、同時に「おおー……」と感嘆の声を上げる。

 心なしか目を輝かせてみえるふたりに、マージェリーとフローラはそれぞれえへんと胸を張った。

「正真正銘、私たちが手ずから用意した手料理です。ノエル家のシェフの監修つきですので、味は保証できますわよ?」

「開けた瞬間楽しくなるお弁当にしたくて、色合いにもこだわったんです。マージェリー様とふたり、たくさん話し合って作ったので、とーっても楽しかったです」

「たしかに美味しそうだな」

「それに彩りも綺麗ですね」