そわそわとバスケットを覗き込むユリウス。隣でセルジュも、わくわくと嬉しそうにサンドイッチを眺めている。

 よかった。反応は上々だ。

 マージェリーとフローラは微笑み合うと、同時にぱちりと手を合わせた。

「それではさっそく?」

「いただきます!」

 4人分の声が合わさる。乗ってくれるか不安だったが、ユリウスもちょっぴり恥ずかしそうに声を合わせてくれた。

 さて、どれから食べよう。ここはやはり、魔法でほかほかと温度を保たせたこだわりのミートパイか。それとも胡椒を効かせたポテトサラダか。内心舌舐めずりしつつ、マージェリーも身を乗り出す。

 だが手をつける前に、ユリウスに問われた。

「君が作ったのはどれだ? それを食べたい」