あんた、いつかお酒で失敗するわよ。

 前世で、母によく言われた。

 前世の自分は、お酒がとても好きだった。アルコールに強い体質だったこともあり、会社の飲み会であろうが友人との集まりであろうが、それはそれは美味しく酒をいただいた。

 すっかり気持ちよくなって家に帰ると、先ほどの言葉を母に言われた。

 けれども毎回適当に聞き流していた。あいまいになることはあっても完全に記憶を飛ばしたことはないし、潰れてうっかりワンナイトラブなんて経験も一度もない。

 いわゆるお酒の失敗と自分は無縁だと思っていた。それは生まれ変わってからも同じで、失敗する前にきちんとセーブできると信じ込んでいた。