ユリウスが笑える世界線があればよかったのに。誰かが、ユリウスを救ってくれたらよかったのに。

 その時、どこからか声がした。

 ――誰かに任せちゃっていいの?

 本を置いて、起き上がる。あたりを見渡しても、映るのは見慣れた自分の部屋だけ。お気に入りのクッション。積まれた読みかけの本。犬のプリントのマグ。食べかけのクッキー。

 ――その『誰か』にならなくていいの?

 ユリウスを好きなのは誰? ユリウスが好きなのは誰? 笑顔を向けるのは? 笑顔を向けられたいのは? 

 あの人と、幸せになりたいのは誰?

 立ち上がった拍子に、鏡に人影が映りこんだ。見えたのは、だぼだぼのパーカーワンピにお団子結びの『自分』じゃない。腰に届きそうな輝く銀髪に、上品なドレスをまとった見たこともない少女。