ミッションインポッシブル、イズポッシブル。やればできる、絶対できる、私はできる!

 自分を励まし、ベッドの上で勢いよく正座をした。

「恐れながら、陛下!」

「ん、なんだ?」

 楽しそうに()()()()について話していたユリウスが、口をつぐんで首を傾げる。妙に無邪気な視線に怯みつつ、マージェリーは両手を突き合わせ――前世における土下座をした。

「責任を取っていただく必要はございません。そのかわり、昨晩のことはなかったことにしていただけますでしょうか!」