オオカミ王を自滅させる。

 愉悦に染まった瞳で言い切ったフリード大臣に、マージェリーは目を瞬かせた。

「ユーリ様を自滅させるなんて、そんなのどうやって」

 言いかけてハッと息を呑んだ。

 そんなの疑問に思うまでもないじゃないか。

 小説の中でユリウスはどんな最期を迎えた。強くて孤独な、哀れな王は。

「魔力暴走……」

 思わず零れた言葉に、フリードは興味深げに目を見開いた。

「これはこれは。まさかこの国に、その可能性に思い当たる人間がいるだなんて。まったく、あなたには驚かされっぱなしだ」

 喜ぶフリードに、マージェリーは目を逸らす。