するとエディは、苦笑をして肩を竦めた。

「無茶言わないの。そりゃ、普通は盛大にお披露目するよ? この方が我らが聖女様、ありがたーい存在ですよって。けどマージェリーの場合、認定より先にあんなに()()()()デビューしちゃったじゃない。あれ以上派手な演出、しばらく思い付かないよ」

「う、それは」

 ふるふると首を振る兄に、マージェリーも目を泳がす。

 たしかに。誘拐殺人を企てた高官の大捕物に始まり、オオカミ王の魔力暴走。あわやというところでの聖女の誕生からの大団円。

 あらたまって振り返ってみれば、なんて派手なお披露目だ。小説版もびっくりな派手派手演出だ。

 ふむと考え込んでいると「それに」とエディはへらりと笑った。