(あ、あれ?)

 虚を衝かれて、マージェリーは瞬きをする。

 てっきり呆れ、不愉快そうに自分を睨んでいることだろう。そう思ったのに、ユリウス王はただただ、じっとこちらを眺めている。

 ついに居心地の悪さを感じたその時、ふっと彼が鼻で笑った。

 なんだろう。どこかで、何かを間違えた気がする。

 戦慄するマージェリーをよそに、王はのんびりと頬杖をついた。

「へーえ? 君は弟相手に失恋をした。だから、本当はフローラ・エルメイアと過ごすのは苦痛であったと……。私の知る話とは、大分異なるな?」

「なにをご存知だというのですか?」

 からからに喉が渇く。それをなんとか押し殺して、マージェリーは恐る恐る尋ねる。すると王は、明らかに面白がっている様子でこう答えた。