「君たちが学院を卒業した夜。パーティに出席するでもなく、私があんな時間まで学院に残り、学院長と話し込んでいた理由。それが君にわかるか?」

「い、いえ……」

「フローラ・エルメイアだ。彼女について、学院長から詳しく聞いていたんだ」

(そんなの初耳なんですけど!?)

 内心仰天するマージェリーをよそに、王はすらすらと続ける。

 パーティで、セルジュがフローラ・エルメイアを婚約者として発表する。その報告は、事前に宰相であるマージェリーの父から得ていた。

 仮にも王族が伴侶を取るのだ。王として、その人となりを把握しておく必要がる。そのために彼は、学院長にフローラの情報をあれこれと尋ねていたんだそうだ。