「なーんか。もやもやするのよね」

 窓の外を眺めながらマージェリーは呟いた。

 彼女が今いるのは、ロワーレ城に用意された私室だ。ノエル家の屋敷よりは少し狭いが、前世の感覚からすると十分すぎる広さである。

 ちなみにアーニャは席を外している。城内のことを教わるために、城が用意してくれた侍女たちとあちこちを巡っているのだ。

 だから、これは完全なる独り言。気兼ねなく鬱々とした思いを吐き出すことができる。

 ――ユリウスとセルジュ。小説の中で、彼ら兄弟は悲しい結末を迎える。

 この世界でも周知されているように、ユリウスは太后の子ではない。彼の母は、城の下働きの侍女である。