昔から不思議な夢を見てきた。

 鉄の箱に詰められて、どこかに運ばれていく光景。きらきらと光るショーケース。無茶振りにつぐ無茶振りに、駆けずり回る自分。

 そんな毎日に一縷の癒しを与えてくれた、一冊の『本』。

 それが前世の記憶と気づいたのは、学院に入ってすぐだった。