「確認をさせてください。見当違いなことを言っているようでしたら、構わず笑い飛ばして欲しいのですが」

「回りくどい。さっさと言ってみろ」

 綺麗な顔をしかめて、ユリウスは首を傾げる。

 そんな彼に、マージェリーは思い切って尋ねた。

「もしや陛下は、ユーリ様は、私のことが好きなのですか!?」