それから程なくしてーー…


『桜を見に行かないか?月曜なら休みだろ?』


行く!と、返事をした約束の月曜日。


私のアパート近くまで迎えに来てくれるという渉に甘えて。

その待ち合わせ場所のコンビニで待っていると、一台のバイクが目の前に停まった。


もう誰かわかるよ!


「お待たせ。だいぶ待った?」


ヘルメットを外して、前髪を掻き上げた渉。


今……来た所だよ、って答えると。


後ろに乗るだろ?


バイクを降りて、ヘルメットを取り出して渡してくれた渉に、もちろん、と受け取って。


「10年ぶりだよね、渉の後ろに乗るの」


「そうだな。しっかり捕まってろよ?」


うん!と、頷いて。

バイクに跨がった渉の背中に、私もバイクに跨がって頬をくっつけて。

腰に腕を回す。



高校でバイクの免許を取った渉の後ろに乗って、よく海岸線を走ってた。

肌を擽る潮風が気持ちよくて、背中から伝わる渉の鼓動も温もりも心地好かった。

心地よさは、今も同じだね。

堪らずに腰に回す腕に力を込めて、背中に頬を擦り寄せていて。


「怖い?」


渉に、信号待ちでそう訊かれてしまって……

怖くないよ!

渉の背中にくっついてるの好きだなって。

素直に口にしたのは、今の紅いだろう顔は渉には見えないから。


そうか、と渉がちょっと照れたのが声の感じでわかったよ。



今度はさ、海に行こうな?

行きたい!渉と潮風を感じたい!

ああ、適度に飛ばして思う存分……感じさせてやる。

楽しみにしてる!