《高山 柚羽》


DJのSHOHEY。

ファンになるきっかけは、たまたまマネージャーの車で聴いたラジオだった。

声だけで惚れてしまうような、低くて渋い声。

イベントなどのDJもしてるなら、とクラブにもイベントにも、行ける時は足を運んだ。

はじめて、SHOHEYさんの容姿を見た時は。

声とは似つかわしくない、やや童顔で。

そのギャップに、くらくらした。

だからー…恋愛感情とかではなく、SHOHEYさんともっと仲良くなりたかっただけ。

その先に、SHOHEYさんと仲良しなんだよって。

他のSHOHEYさんファンのモデル仲間に自慢したかっただけ。

それだけなのに………


「フラれちゃったよ……彼女を心から大好きなんだって」


兄にヘアメイクをしてもらいながら、さっきのやり取りを話してみると。

可哀想に。

柚羽は俺にどうしてほしい?


兄とSHOHEYさんの彼女は、同じ美容院で働いているんだよね。

だったらさ、彼女がお兄ちゃんに靡けば私にもチャンスはあるかも。


「悪い子だね。自慢したいだけのくせに。簡単には、伊織ちゃんは揺らがないと思うけど……可愛い子だから、やってみるよ」


兄は、私には甘い。

叶えられそうな願いなら、何でも叶えてくれる。

だって、シングルマザーだった母親はー…私と兄を残して、自ら命を絶って。

肩身の狭い思いをして、親戚の家で兄が高校を卒業するまで。

寄り添って生きてきたんだから。