楽しかったな。

旅館で盛り上がった夜ご飯の時間。

いつの間にか、菅野くんと杏奈さんが付き合ってるって事を知って。

酔っ払った杏奈さんを菅野くんが介抱していて。

高山さんとも何もなかっかのように、お酒を飲めて。

歌唱力抜群の美希さんの、いつぶりかわからない演歌を聴けて。

そして、渉と紅葉を満喫して。

ちゃんと渉の中に描かれた未来図を、少しだけ見せてくれて。

まだ、高揚感が治まらないまま帰って来てーー…

ポストを開けて………!!!

なにこれ!?

宛名も差出人もない茶封筒。

固まる私から、貸して、と渉が茶封筒を取って。

中身を確認してくれた瞬間、渉の瞳が大きく見開かれる。

手元の2枚を背伸びして、覗き込むとー…!!

渉と見知らぬ女の子が……キスをしている写真。

手を繋いで、歩いている写真。


いつの間に……と、呟いた渉は。

とりあえず部屋に入って話そう?

写真を握り潰して、私を引っ張っるように階段を昇っていく背中に不安が押し寄せる。

ついさっきまでの高揚感が今は……不安に変わっていて。

溢れそうな涙を、下唇を噛んで堪えているのは……哭きたくないから。

渉の口からキスの経緯と、まだ開けられずにいる中身を確認するまでは。