加藤くんから受け取ったUSBの中身にはーー…

俺と伊織が休みにデートしている写真が何枚も入っていた。

ずっと手を繋いで、服や雑貨。

日用品、食料品を買い物する姿。

たぶん俺が伊織を見つけて、引き寄せられるように寄り添ってー…微笑み合う姿。

海浜公園で、お互いの腰に腕を回してキスをしている姿。

どれも自分達なはずなのに、楽しそうで。

幸せそうで、1枚1枚が眩しいくらい輝いて見えた。

こんな表情で俺は伊織と過ごしてたんだな、と気恥ずかしかった。

その反面、伊織の俺を見る表情は愛されてるな、と実感するものばかりで。

可愛くて、綺麗で。

心の奥から熱いものが、ジワリと込み上げていた。


その夜はーー当然。

身体をひとつにしなくても、じゃれながらキスをして。

他愛もない、日常の会話を楽しんだ。


そしてーーー火曜のラジオのメールにも、金曜のラジオのメールにも。

箱根で見掛けた、公園で見掛けたとリスナーから送られて来ていて。



“ 彼女さんが手に持っている物を食べちゃうSHOHEYさん、拗ねてSHOHEYさんが手に持っている物を食べちゃう彼女さん、本当に楽しそうでした ”


“ 自転車で2人乗りをして、歌を歌ってましたよね。本当にバカップルみたいでした。だけどSHOHEYさんは無邪気な少年みたいで可愛かったです ”


“ 公園で、彼女さんにキスをされて紅くなってるSHOHEYさんは可愛かったです”


こんな内容が大半で、ラブラブ過ぎて声を掛けられませんでした、だった。


目を通しながら、照れ臭い反面。

俺の想像以上の独占欲を知った秋の思い出が、走馬灯のように過ってーー

都会の街にも、肌を刺すような寒い冬がやって来る。


春夏秋冬の最期の季節は、どうやって過ごそう。


なぁ……伊織?

ん?

冬はどうやって過ごす?

そうだね……絶対なのはクリスマスのイルミネーション!

言うと思ったよ……
イルミネーションの点灯式イベントのDJするけど来る?

行く!絶対に行く!

終わったら、一緒に見て回ろうな。