だけどね……自分で洗えるから、って壁側に逃げるとーー


「約1ヶ月ぶりに……触れたいんだけど。
抱きたいんだけど」


もう……何なんだ!

この欲の焔を宿した妖艶な瞳は。

これに見つめられたら、私が弱いことを渉はわかってる。

悔しいのに……頷いてしまう、触れて。

抱いて、って。


相変わらず私の身体は、意図も簡単に絶頂の階段を駆け上がって……

立って居られない身体は、渉の片腕に支えられて。

壁に手を付いて、辛うじて立てているのに……


「……もう……限界……」


息を大きく吐いた渉の塊が、躊躇なく私の中を貫いてーー腰を掴んで。

いつもより激しく、突かれた中は止まることなく…ービクビクと震えている。

お風呂場に反響する自分の喘ぎ声。

渉の吐息。


「……っ……伊織……ヤバい……抜くから……イカせて……?」


身体の熱と、お風呂場の熱気に浮かされて…ー渉に言われて、ハッとする。

着けてなかった事に。

最初に抱かれた夜は、呑んでたから……私が構わないって言ったからだけど。

渉が私の中へ、避妊もなしに出したのは……あの一晩だけ。


引き抜いた渉のモノを咥えて、愛撫して…ー吐き出された白濁の液体を呑み込むと。

立ち上がらせてくれた渉と濃厚なキスをして、また息が上がる。

そしてーーまた、髪を乾かすのも身体を乾かすのも……そこそこに、ベッドで身体を重ねる。


朝から容赦なく照り付ける陽射しでーー

目が覚めて、お互いの鎖骨から下に無数の紅い華が咲いていて、笑い合った久しぶりの甘い朝のひととき。

幸せ過ぎて、泣きそうになるって…ーこういう事なんだね。

改めて、噛み締めるように渉の胸に擦り寄っていた。