ーーー暑い夏が過ぎて。

長月も後半になろうとしているのに、厳しい残暑はそのまま。

渉とは、あれからー…アメリカへ行く話をたくさんした。

行き先は、師匠と師事して尊敬するSHOYAさんの居るラスベガス。

俺の所に来い、と相談と決意を伝えると言ってくれたらしい。


そろそろ、美希さんにも相談しなくてはいけないし。

渉は、渉で片付けなければいけない事。

仕事がたくさんある。


『春になったら、後悔もなく行けるように準備しとかないとな』


昨晩、渉はそう言って。

伊織は何もしなくても、ただ着いて来てくれるだけでいいから。

なんて言ってくれたけれど……そうは私の気持ちと身体が許さない。

今、伝えても渉は首を縦には振らないだろうから……きちんとラスベガスで働ける場所を見つけてから、伝えよう。



「美希さん!?相談があるんですけど……」


アシスタントのレッスン終わり、高山さんも残っていたスタッフルーム。

ん?なにかあった?


綺麗な微笑みを向けて、振り向いてくれた美希さんに。

渉と来年の春にラスベガスに行く旨を伝えた。


「……そう……寂しくなるね……伊織ちゃんが決めたのなら、行ってらっしゃい。向こうでの働き先を探すのは大変でしょ?高山!伊織ちゃんの面倒見てあげてくれる?」


訳もわからず、高山さんに視線を移すとーー備品の在庫整理の手を止めて。

俺も春にラスベガスへ行くんだよ、と。


ラスベガスのホテルに隣接するショッピングモールのシアターの、メイクアップアーティストとして呼ばれたんだとか。