突然現れた婚約者。


でも、その人は私が好きになってはいけない人だった。



♢
神楽坂 紫乃

ホテル王の娘で少し抜けている女の子。

アイドル並みの容姿だが考え方がとても大胆。



×



成宮 界

成宮財閥の跡取りで完全無欠の男の子。

少し腹黒だが紫乃をとても溺愛している。
♢



なんとかしてこの婚約を白紙にしないと……っ。




なら、なりふり構っていられないーー!!



「ごめんなさい。私、あなたの顔が全然タイプではないので」




本当は悪女だって知ったら、きっと絶望して婚約を破棄するはず。





そう考えたのにーーー。


「俺はどんな紫乃でも好きだよ」


「ほーら。またそんな可愛いことする」



白紙になるどころか、どんどん溺愛されてしまってる!?






この婚約者、危険です。

この作品のキーワード
お嬢様  腹黒王子  御曹司  婚約  悪女  溺愛