部屋に戻ってしばらくすると、フロントから電話がかかってきた。

「キワ? お客さんが見えてます。カミーユさん。部屋にあげても良いですか?」

「はい、お通ししてください」

3分ほどして、ドアベルが鳴った。
空けると立っていたのはもちろんカミーユさんで、ゴージャスな毛皮のコートを羽織っていた。

「キワ! 元気そうで安心したわ!!」

ぎゅうっとハグされる。

「カミーユさんも。来ていただいてありがとうございます。コート、素敵ですね」

この国では、相手を褒めることが多く、私も何か気付けば褒める癖がついた。

「フェイクファーよ」

いつもの優美な笑みを浮かべ、カミーユさんはコートを脱いだ。

「そちらは、お母さまね?」

そして母と握手。

「あなたの娘さんは、素晴らしいわ。いつも本当にお世話になっています」

ゆっくり話してくれたので、母も理解できたようだ。

「サンキュー!」

と笑顔で返す。
わが母ながら、度胸がいい。