----だけど弓月、僕は君の心まで救えるだろうか?





<登場人物>

遠野 和臣……市立図書館の職員
杉村 弓月……花屋の店員
永倉 恭介……バツイチの男性
ゆづる……永倉恭介が立ち寄ったBarの常連客
田辺さん……遠野和臣の同僚の女性
尚美……永倉恭介と肉体関係を持っているが、
恋人関係ではない。



※表紙画像はフリー画像サイト、photoAC
のWhiteclover様からお借りしたものを使用
しています。

※この物語はフィクションです。
登場人物、団体は実在しません。

あらすじ

真面目だけど控え目な性格で恋愛経験の乏しい遠野和臣は、ある日、偶然立ち寄った花屋の店員に一目惚れをする。その日から、職場である図書館と花屋とを行き来する日々が始まる。一方、仕事にも恋愛にも不自由のない永倉恭介は、帰宅途中の電車で乗り過ごし、一つ隣の駅へ降り立った。仕方なく歩いて帰ることにした道筋でBarを見つけ、立ち寄ったのだが。別々の場所で始まった二つの恋が絡み合う、ヒューマン・ラブストーリー。

この作品のキーワード
恋愛  純愛  切ない  イケメン  ドラマ  真実  一目惚れ