「王子、いつも笑ってるんですね」
「人形だからだよ……」

 高校一年の紬は、ある日、押入れから、昔作った失敗作のフェルト人形が、よちよち歩いて出てくるのを見た。

「私は王子だ」
と名乗るその人形に、異世界に連れ去られた紬は、作りかけの人形をすべて完成させるように言われる。

 この世界の戦いは、人間が人形に乗り移ってするものだからだ。

「ところで、お前の作ったこの身体、首が常時傾いている気がするのだが……」

「気のせいです」
「傾いて……」

「気のせいです、王子」

(この作品は「小説家になろう」にも掲載しています。)

 ボボちゃん様、素敵なレビューありがとうございました(⌒▽⌒)

この作品のキーワード
ラブコメ  王子  女子高生  ほのぼの  手芸  異世界  イケメン?  日常  プロポーズ  短編