嫌だ。やめて。今は気づかれたくない――。
「花音、まさか……」
「さようなら。戻ってきたら、離婚届は必ず提出してください。受理通知で確認させていただきます」
 気力を振り絞って立ち上がり、冷たくそう言い放つと、私は黎人さんを置いてレストランを後にした。
 彼が最後にどんな表情をしていたかは、私は知る由もない。