宝条翠咲は保険会社の『査定』という
支払を担当する部署で、主任として働いている。

現在の案件が弁護士への相談が必要であり
顧問弁護士に相談することとなったのだが
その顧問弁護士である倉橋が
とにかく感じ悪いのだ。

淡々と「ダメです。これでは無理です」と
返してくる倉橋弁護士に翠咲はブチ切れ寸前。

──あなたのそういうところが
嫌いなんです!

けれど件の弁護士は
翠咲のことを気にかけてくれたり
食事に誘ったりする。
この人は、何を考えているのでしょうか!?
読めない倉橋に翻弄される翠咲は……?

※途中に登場する高槻結衣ちゃんのお話は
『声と性癖』をご参照頂けると
嬉しいです<(_ _)>

※表紙イラストは、らむね様にお願い致しました
イメージぴったり!可愛いー!!
❀.(*´▽`*)❀. ありがとうございました!!
※使用・無断転載は禁止です。

この作品のキーワード
大人の恋  オフィスラブ  弁護士  ギャップ  だんだん甘々