僕にはやりたい事がある。

それは憎い彼奴らへの復讐だ。

一人目、二人目、三人目……。

最後の復讐が成功した時、
僕にはどんな未来が待っているのだろうか。

後悔、満足感、達成感?

いや、きっとどれでもない。

僕は胸を張って笑うだろう。

何故ならそれは、誰も気づく事のないやり方なのだから。



※登場人物に名前はありません。

※【小説家になろう】にて同名での投稿掲載をしています。

※読む方によってはお気に召さないかもしれません。

この作品のキーワード
復讐  恋愛  家族  親子