宮崎花音(21歳)は四流大学を中退してしまったフリーターだったが、アルバイトをクビになったところでキャバ嬢に転身すると、めきめきと頭角を現すように。

順調に仕事をこなしていたら、突然とある男性客に異世界に連れて行かれてしまう。彼はライナス・アシュトンと名乗るも、実は同じ日本からの転移者・梶洋輔(25歳)だった。

ライナスは異世界オルグレンの外交官で、この国にはいま深刻な問題があるのだという。隣国バルフォアの国賓が来るのだが、オルグレンには「おもてなし」の文化がないらしい。

そこでもてなすことを職業とするキャバ嬢の花音が選ばれた――というより、洋輔にはほかに心当たりの店がなかったので、たまたま席についた花音にお鉢が回ってきたということだ。

果たして花音は見知らぬ異世界でキャバ嬢として日本の「おもてなし」文化を伝えることができるのか!?

これは落ちこぼれの花音が新人キャバ嬢として覚醒し、異世界で成り上がる物語――!

あらすじ

落ちこぼれのフリーターである宮崎花音(21歳)はアルバイトをクビになり、夜の世界――キャバ嬢に転身。唯一向いていたようで頭角を現していく。そんなときある男性客に異世界オルグレンに転移(トリップ)させられてしまう。そこは”おもてなし”のない世界で、花音は隣国バルフォアの賓客をもてなすために連れてこられたらしい。慣れない異世界で、花音はキャバ嬢のチートスキルを活かして成り上がっていく――!?

この作品のキーワード
異世界  キャバ嬢  ファンタジー  チート  転移  三角関係  成り上がり  外交官  落ちこぼれ  トリップ