あの夜、大洋に気のないそぶりをしてみせたのは、最後の悪あがきだった。 

 もう気持ちのタガが外れた。

 久しく忘れていた感覚。
 完全な片思い状態に陥った。

 仕事中でも、ふと気づくと、大洋のことばかり考えている。

 雨のなかを去っていった後ろ姿。
 驚くほど整った横顔。
 グラスを持つ少し骨ばった手。
 人を和ませる会話。

 そして……

「あなたと知りあえてよかった」と言ったときに見せた照れくさそうな笑顔。


 はあー。

 でも、側から見たら、完全に若い男に熱をあげてる身の程知らずなアラサーだよね。

 もう一度ため息をついたとき、後ろからぽんと肩を叩かれた。

「いくら利用者が少なくても、そんなため息ばかりついていたらだめよ」