数日後。


私は朝出社してから黙々と仕事に励んでいた。


あれ以来、特に天音からの連絡は無い。


梨香子さん曰く、傑くんも常に忙しく動いているらしいから天音も忙しいのだろうと予想がつく。



「唯香、お昼行こう」


「うん。あ、駅前にできたカフェに行かない?あそこのランチが美味しいって先輩が言ってた」


「いいね、行ってみよ!」



昼休み、営業事務をしている同期入社の堀井 侑芽(ホリイ ユメ)と共にランチに向かう。


侑芽とは入社前の最終面接の日に出会い、その後も内定式と入社式で顔を合わせるようになり、仲良くなった。


新入社員研修の間も一緒にあれこれ会社の部署について話したり、帰りにご飯を食べに行ったり飲みに行ったりと、その頃から今でも社内ではお互いが一番仲が良いと自負している。


時間が合えばこうして一緒にランチに行くこともしょっちゅうだ。


ランチタイム中の会話の内容は専ら社内のことに関しての話や仕事についてがほとんど。


とは言え女特有の悪口なんかが飛び交うわけでもなく、純粋に今営業部が関わっているプロジェクトについてだったり社内の新商品についての話が多い。



「唯香は?総務の方はどう?」


「うん、私はいつもと変わらず。新人教育でてんやわんやだけど、基本はルーティンワークを黙々とこなすのみ」


「はぁー、私はそういうの苦手だからやっぱ総務は無理だ。毎日同じ作業って飽きない?」


「うーん、私はそういう系の方が得意だからね、飽きたって思うことはないかな」



答えながらランチプレートに乗るサラダをフォークで口に運ぶと、侑芽は「正に"適材適所"ってやつだね。私は今の仕事が向いてるわ」と笑って同じようにサラダを口に運んだ。


侑芽は緩くパーマのかかったセミロングの髪とぱっちりとした二重が特徴の、可愛い系の美女だ。男ウケが良さそうなふわふわした服を好み、メイクもそれに合わせて淡い色合いをよく使う。そのためふわふわ系女子だと思われているものの、実際は自分の意思が強いハッキリとした女性だ。


見た目でぶりっ子だなんてよく誤解されてしまうものの、本人は男性どころか恋愛に対して全く興味が無い。ただの美容オタクで自分の"好き"を貫いているだけ。恋愛して縛られたり行動が制限されるのが嫌だから、と独身を貫くと今から宣言している中々の珍しいタイプの子だ。


今まで相当恋愛で苦労してきたのが良くわかる。


私はそんな侑芽と一緒にいるのがすごく楽で、良くも悪くもバッサリと意見を言ってくれるからあまりはっきりしない性格の私にはとてもありがたい存在だった。