覚えていて良いことなんて、何もないんだ。


涙がじわりと滲み、こぼれ落ちそうになる。


それに抗うように、そっと天井を見上げた。


……馬鹿みたいだ。一人で舞い上がって、一人で幸せを感じて。今だけは私を見て?私を感じて?思い上がりもいいところ。本当、馬鹿みたい。


帰ろう。今すぐに、帰ろう。そして私も忘れるんだ。


グッと涙を拭き、ベッドの下に散らばった服を集めて急いで身につける。


ここに来てすぐに勝手に開けたペットボトルのミネラルウォーターで喉を潤して、残った分は鞄に入れた。


そしてベットサイドのテーブルに、書き置きを残す。



"酔い潰れちゃってたから、家まで運びました。すぐに寝ちゃったから起こさないでおくね。鍵は郵便受けに入れておくから。じゃあね"



いかにも、変なことは何もありませんでしたよ、という内容に自分で笑った。


夢を見させてもらったから、お金の請求はやめてあげる。



「……ありがとう」



でも、一夜の過ちと言うには私にとってはあまりにも残酷だった。


私は、再び滲んだ涙をこぼさないようにそっと部屋を出る。


音を立てないように靴を履いて、借りた鍵で扉を施錠する。


郵便受けにそっと鍵を放り込んで、私は街灯の光を頼りにその場を後にした。